クレジットカードのショッピング枠の換金は、現金化業者に依頼して進めていくのが一番安全だと思いますよ。
もちろん、現金化業者は信頼出来る優良店である、という大前提はありますけどね。


クレジットカードの換金はショッピング枠の換金をして現金を作っていくことになります。
ショッピング枠に余裕がある分を現金に変えることが出来ます。
カードを持っている人なら誰でも、現金化を行っていくことが出来ますし、新しく審査や手続きをする必要もありません。

換金方法はカードで購入した商品を買取店に売る、という流れになります。

方法自体は難しいことではないですが、何を購入してどこへ売るかでカード会社に見つかるかが変わってきます。
カード会社は現金化を疑った時点で、カード利用を一時的に停止させてしまいますし、その疑いが確定に変わったら未払いの一括支払いなどになります。

カード会社は現金化を行わせないように、監視を厳しく行っていますので、個人で現金化を行うのは避けた方がいいかと思いますよ。


そこで頼りになるのが、現金化の業者です。
現金化業者ならカード会社に見つかるリスク回避をしながら、現金化を行っていってくれます。
その分、自分で進めるよりも早く現金化が出来ますし、換金率も高くしていきやすいです。

現金化業者はそれぞれ特徴も違いますので、
「換金率が高い所」
「現金化のスピードが早い所」
「キャンペーンをやっている所」など、
自分の目的に合った現金化業者を利用していくのがおすすめです。


現金化業者の利用方法もそれほど難しいことではありません。

気になる業者のサイトに行って、申込みフォームを利用して現金化の申し込みをします。
この際、申込みフォームのURLが「https」というセキュリティーがしっかりしているURLになっているかをきちんと確認しましょう。
URLが違う場合は、情報を引き抜くためのものである可能性が高いです。
また、URLがしっかりしていても、フォームにカード番号を入力する項目があるなら利用しないようにしてください。
カード番号は業者に知らせる必要が無い情報です。

申込みフォームを送ると、折り返し業者側から確認の連絡が来ます。
現金化の意思確認をしたあと、身分証の提示を求められます。
この電話の時にも、カード番号を聞かれることがあるそうですが、それも答える必要がないことなので、聞かれるようなら申し込みをしない方がいいですよ。

身分証が確認出来ると、商品の指定がありますので、その商品をカードで購入します。
購入が確認出来ると、指定した口座に業者側から現金の振込みがあります。

以上が、現金化業者に依頼した場合のカードの現金化の流れになります。
もちろん、業者によって多少の違いはあるとは思いますが、おおまかにいうとこんな感じになります。

購入した商品の取り扱いなどについても、業者からの指示があると思いますので、その通りにしてくださいね。

また、振込み先の口座がネットバンクである場合は、土日祝日関係なく24時間入金の確認が出来るので、すぐに現金を用意したい人はネットバンクの口座を用意しておきましょう。


ネット対応の業者を利用すれば、自宅にいながら現金を作ることが出来ます。
サイトにアクセス出来る環境と、ショッピング枠に余裕があるカード、そして身分証が用意出来れば、簡単にカードの換金を行えますよ。